記事一覧

Merry Christmas & Happy Birthday

2010.12.25

ファイル 498-1.jpgファイル 498-2.jpg

今日のクリスマスはお誕生日のお客様が2組もいらっしゃいました

聖夜のお祝いだなんて厳かな雰囲気でいいなぁ~

店内に海猫屋のお気に入りのバースデーソングを流してお祝いをさせて頂きました

スタッフが心をこめて作ったクリスマスデザートがバースデーケーキとなり、キャンドルを消すと満席だった店内はお二人を祝福する拍手が響き、とても良い雰囲気でした

自分の誕生日はあまり喜べなくなったけれど、こうやってお客様の記念日に同席させてもらえるのは幸せな気持ちになります♪

お陰さまで年末イベントのクリスマスも終わり、ひと仕事を終えた感じです

深夜、お客様がお帰りになった誰もいない店内で缶ビールをのんで、ほっと一息・・・
そんな光景が毎年のマスターと私のクリスマスです

フランボワーズのデザート

2010.12.20

ファイル 495-1.jpgファイル 495-2.jpg

クリスマスが近づくと毎日細かな仕込みが始まります
デザート担当のスタッフも工夫を凝らしながら完成させていきます

仕上げに悩んでいると、ちょうど偶然海猫屋にランチにきてくれていたシェフがアドバイスをしてくださいました
プロのテクニックとコツを教えて頂いてピカピカ☆に仕上がったフランボワーズのデザートです。

お味は召し上がってのお楽しみ!
ディナー最後を幸せに締めくくって頂ける一品になってくれることを願って心をこめて作っています♪

ディナー当日は数種の自家製デザートの盛り合わせです
お楽しみに☆

クリスマスデュエットディナー

2010.12.14

ファイル 493-1.jpg

    クリスマスはもう恋人同士だけのものじゃないですよね
   楽しいひとときを共有できる相手がいるって幸せなことです

    大好きな人と過ごす時間や会話がメインディッシュ
  ぜひ、会いたい人を誘って海猫屋のクリスマスにいらして下さい

    今年は大皿をお二人で取り分けて食べる海猫屋で人気の
     デュエットディナーのクリスマスバージョンです
   
    改まったコースではなくてこんなカジュアルなスタイルが
      いちばん海猫屋らしいのだと思っています
 
 素材を生かしたマスターの 『オレの料理』をお楽しみください
  
             ■アミューズ
        最初のちいさな一皿 ディナーの前奏

             ■ 前菜
       海猫屋でいつも人気の前菜を盛り合わせて

             ■ お魚
      本日の魚のグリル それぞれに異なるソースで
               真鱈
              手長海老
               穴子
              サーモン
         
              ■パスタ
           海猫屋のスペシャリテ
            ヘラ蟹のスパゲティ
          
              ■ お肉
            ゲームヘンのロースト
            ラムチョップのグリル
            十勝花豆とラタトゥイユ
           ウニときたあかりのグラタン
              野菜のコンフィ

              ■デザート
          3種のケーキと2種のジェラート
               珈琲

              ■パン

    尚、仕入れの状況により若干の変更があるかもしれません
      特にお魚は海のご機嫌が優先、漁の状況しだいです

   当日は店内にキャンドルをたくさん灯して聖夜を演出します
   赤煉瓦に揺れるキャンドルはとてもロマンティックです 
       ご予約、ご来店おまちしております
 
       
      料理 お二人で7800 三名様11700
   
   赤白ワインのフリードリンクお二人で2000 3名様3000
 アルコール以外ではオレンジジュースやウーロン茶も含まれます
  (これは今年の太っ腹プランですので是非おすすめします♪)

海猫屋のHITORIーGOTO

2010.08.31

ファイル 477-1.jpgファイル 477-2.jpg

今日、海猫屋で豚肉を仕入れている肉屋のおやじが、

「マスター、神のブタが入った。」

と、声を弾ませて入ってきた。

ルスツ村(北海道ルスツ高原)で飼育された「もち豚」なのだ。

店ではポークグリルとポークカツレツをメニューにいれているが、フライパンで焼くグリルより、パン粉で揚げたポークカツレツのほうが断然美味だ!!

たぶん、肉汁がカツの場合逃げないためではないだろうか。

俺が今まで食った中で、1番うまいカツだと思う!

一度食べに来てくれよ!!

なんまらビールにも合うし。

これはまったく作家椎名誠の食べ方なのだ!

MAKOTO

常夏 v.s. ココナツ

2010.06.19

ファイル 455-1.jpg

こんにちは、スタッフSKです。

緑したたる‥‥という言葉がぴったりのこの季節。
新緑の頃はどの木も同じ若葉の色でしたが、今ではそれぞれの緑へと深みを増し、山々の景色に奥行きが出てきました。

まだまだ常夏 にはほど遠い北海道ですが、
生まれも育ちも北海道の私には、北海道の夏も十分に暑く感じられます。
でも、何度か体験した本州の真夏を思い出すと……
暑いだなんて言っていられませんね。

今日は目にも涼しいデザートの紹介です!

「ココナツのムース カンパリのゼリー仕立て」

こちらはディナーコースをご予約のお客様にお出ししたデザートです。
ふわりとした舌触りのココナツのムースは、ほどよい甘みのあとに心地よくココナツの風味がのこります。
真っ白なココナツとのコントラストが鮮やか~な赤いカンパリゼリーは、さわやかな苦味が夏にぴったり。
ゼリーの中には、さらに真っ赤でジューシーな苺をしのばせました。力づよく甘酸っぱい苺が、ココナツとカンパリそれぞれの持ち味を引き立てます。

写真にはありませんが、お出しするときには
こちらになめらかなアイスクリームを添え、
夏らしいデザートとなりました。


今度は夏のフルーツを使ったトロピカルなデザートなんて、いいなぁ~!
なんて、これはデザートに目がない私の 個人的なキボウです。

スタッフSK

ヒメマスのグリル ジャーマンポテトを添えて

2010.06.09

ファイル 454-1.jpg

支笏湖(しこつこ)は、北海道は千歳市にあります。
この支笏湖に生息する天然のヒメマス。今年も今月の1日から解禁となり、市場に顔を出しはじめました。

支笏湖は透明度の高い美しい湖。そこで育つこのヒメマスもやはり、銀色がとても美しい魚です。身は淡いピンク色で、きめの細かい舌触りが特長、とっても繊細なお魚です。

ヒメマスのグリル、ジャーマンポテトを添えて。

とろりと甘く煮つめた赤ワインとお醤油のソースに、
香ばしくグリルしたヒメマスが絶妙!
皮はカリッと・身はやわらかく、う~ん美味しい!
ほくほくのジャーマンポテトもソースに絡めて、
じゃがいもの豊かな香りを愉しめます。

道外ではなかなかの高級魚と聞きますが、
こうやって身近でとれた旬のものを新鮮なうちにいただけるのは
とても贅沢なことですね!
ぜひ皆さんに召し上がっていただきたい一品です。

スタッフSK

初鰹のたたき バジルと新生姜のソース

2010.06.07

ファイル 453-1.jpg

まだまだ現役のウグイスにくわえ、晴れの日には蝉の鳴き声が聞こえるようになりました。小樽にも少しずつ夏が近づいています。

初夏を告げる初鰹です。新鮮です。ぷりぷりしています。

このおいしいおいしい鰹…
「女房を質に入れても食べたい初鰹」…なんて 言わせません!

ほどよく脂がのったくせのないやわらかな身をたたきに
バジルと新生姜のソースを効かせて、さっぱりといただけます。
今回は新鮮なアスパラと水菜を添えて。
こちらもシャキシャキと、鰹と好相性。

キーンと冷えた白ワインのお供にいかがでしょうか。

スタッフSK

新生姜と甘エビのフリット

2010.06.03

ファイル 452-1.jpg

旬のものを食べると、身体が喜んでいるような気がします。

酢漬けにしたりご飯に混ぜ込んでも美味しい新生姜、
今回はフリットに変身です。

ぱらりと白胡麻をまとって、素朴な一皿ですがこれが本当~に美味しい!
カリッと揚がった衣に、新生姜のさわやかな香りと甘エビの風味がよく合います。
新生姜はあらかじめオリーブオイルでマリネして、マイルドな辛味。

これはやはりビールでしょうか??アツアツをパクっ とどうぞ!
オススメの一品です。

スタッフSK

お歯黒とうきび!

2010.05.16

ファイル 450-1.jpg

こんなトウモロコシ見たことありますか~
びっくりですよね♪
お店の方はモチキビと言っていました
歯応えはモッチリお味は濃厚
市場でこんなものを見つけるのも楽しいですよ!

ニシンと菜の花のスパゲティ

2010.03.25

ファイル 440-1.jpg

そう簡単に春になってくれない今年の気候
ポカポカ陽気でいったん油断をさせておいて、今夜はまた一気に冷え込んでいます 
今乗って帰ったタクシーもツルツル路面で坂を上り切れず、何度も勢いをつけてやっと上りました さすがプロ!といつも感動しちゃいます

今年は冬の間から脂がのっていたニシンも本来は春の魚
菜の花とニシンのスパゲティ♪
北海道の春パスタです

苺のマカロン

2010.03.14

ファイル 439-1.jpg

いつから出来たのかなと思うホワイトデー
欧米にはないというのだから、単に商業的な戦略なにおいももちろんあるけれど、日本人の「お返し」の心や文化が感じられます

『先日はどうもありがとうございました』などは日本人にとっては大切な言葉だけど、過去のお礼って欧米の方はあまり言いませんね Thank youに過去形がないからかな。。。。 
日本人の恩や縁を大事にする国民なんですね でも私はそういうのを大事だなと思っているのです

小樽のホワイトデーは、戻ってきた寒波のせいで、まさに新雪で化粧をほどこしたホワイトデーです

でも気分は春間近♪ 可愛い桃色のマカロンにホワイトチョコとバラのムースでサンドしたイチゴのデザートです

男性が照れて言葉にできないような気持ちを込めています
女性はちょっとした素直な言葉がなにより嬉しかったりするものなのですよ
チョコレートのお返しというより、ふだん言えないでいるありがとうや大好きの想いをこめて
あなたとあなたの大切な人とのよき記念日になりますように

マスターの一押し ニシンのマリネ 

2010.02.20

ファイル 437-1.jpgファイル 437-2.jpgファイル 437-3.jpg

北海道に春を告げる魚、ニシンですが
一カ月ほど前から大きな数の子が入っています
マスターはこの世界に入ってから何十年が経ちますが、この寒い季節にこんな立派な数の子が入っているのはとても珍しいと言っています

腹からだした数の子は一日塩漬けにしてマリネや海猫丼に添えます
(今日のお客様は塩漬けが間に合わず添えらませんでした そんな日もありますので悪しからず・・)
この数の子、お正月に頂くものとはまた全然違った食感なんですよ
なにより獲れたて新鮮な数の子が頂けるなんて贅沢ですよね

ニシンのマリネも薄塩なのでまるでお刺身のようです
ニシンってこんなに美味しいお魚だったんだ~と思いますよ!
かつて小樽の繁栄を牽引したニシン。是非ご賞味あれ♪

ページ移動