記事一覧

自家製ジンジャーエール

2008.07.09

ファイル 216-1.jpgファイル 216-2.jpg

お砂糖や生姜、レモン、ハーブをで煮込んで作る自家製ジンジャーエールです 
2002年の2号店オープンの際に料理長を務めてくれた山根氏が提案してくれたドリンクです

レシピーは今や何人ものスタッフに大事に伝え継がれ、海猫屋の大切な財産となっています

ソーダで割るジンジャーエールの他、紅茶に入れて飲むジンジャーティーは冷え性や風邪引きのときの特効薬にもなります
これはお店にお食事にきて下さるドクターのお墨付き!

ソフトドリンクではダントツ一番人気です
ぜひぜひお試しくださいね

タコのマリネ

2008.07.06

ファイル 188-2.jpg

もう数年も前になりますが、マスターとタコ漁の現場に行ったことがあります
生簀のなかにいたミズダコを見て本当に驚きました

手足 (ん?どれが手で足なんでしょ。ひょっとして手はないの?分からん生き物!)をひろげると2~3メートル以上は普通で、大きいものになると40kg以上になるというのだからもうピックリ!
食物というより、怪獣ですよね 

市場で処理されたものでさえ並んでいると迫力があります
いまだに珍しがって写真を撮ったりするので魚屋さんのご主人に笑われます

こんな海獣のようなミズダコもお料理になると静かな一皿です
本州でとれるマダコとはまた違った口あたりの柔らかさをお楽しみください

私は初めて知ったのですがタコには冬蛸と夏蛸があって今は旬だそうです (なに今ごろ言ってんの・とマスターの冷たい視線をあびてます)

カレー&ビール

2008.07.01

ファイル 184-1.jpg

1976年にオープンした海猫屋はこの夏で開業32年になりました
当時前衛舞踏の拠点として全国からアートを目指す若者が集まり活動が始まりました

20代のマスターは60になりましたが当時から変わらないメニューがカレーライスです

最近はスープカレーなど一言にカレーといっても様々ですけれどね

今でも週に一回か二回はマスターやKのまかない昼食となっている一皿です 
マスターは必ず目玉焼きを二つ乗せていますが、これがまたレトロ感たっぷりです

先日、ALL Aboutの取材で撮っていただいた写真が届いたのでアップしますね
窓から入る日差しとビールがいい感じ 休日のランチのお勧めです

ポークカツレツ

2008.06.26

ファイル 182-1.jpgファイル 182-2.jpg

お昼に「とんかつとビール」というのも夏を感じます

でも何だか男っぽいメニューですよね 
女性ひとりが注文するにはちょっと憚れる響きですものね

カツどんやカツカレーも食べてみたくなる時があるけど
なかなか食べる機会に恵まれません 
優先順位が上位にこないせいもあるけれど・・ 

海猫屋のカツは地元のお客様のリピートも多い影の人気メニューです
メニュー名はとんかつではなくて‘ポークカツレツ’
なんとなく女性も頼みやすいでしょう どうかな 

付け合せもキャベツの千切りではなくてポテトのコンフィやフリット、ソースは生クリーム風味のデミグラスを添えますのでビールではなくてワインにも合いますよ

でもビール党のマスターに言わせれば
『カツはビールにきまってるべや』ですって

要するに何か理由をつけてビールが飲めるとご機嫌なのです

マスター酔言語録

2008.06.19

ファイル 174-1.jpgファイル 174-2.jpg

マスターは絵を描くのが好きです 
趣味というほどではなく日常生活の中の息つぎみたいなもの

ちゃんとデッサンを勉強したというわけではないから、みる人がみたら自己流とすぐにわかるだろうし、ほとんど感性で描くのだけど。
筆で書く字もそう。字というより心の表現・・

ひとめ見ただけで「あ、彼の絵だな」とか「彼の字だな」って分かるっていうのは
「らしさ」があってすごいことだとおもってます

お料理もそう・けっしてすばらしく美味しいとかではないのだけど、お皿の上には「彼らしさ」が表現されてるのです

パレット型のお皿をみつけたのでプレゼントしてみました
画を描くように、自分を表現して!というおもいで・

最近の鮮魚のカルパッチョサラダです

ナスタチウムは私の大好きな花、風にゆれる可憐で繊細な花弁!
この花を咲かせるのが夏の楽しみです

葉も、花も、種も食べられるのですよ
葉はピリッとしていてフランスではクレソンの代用としても使われるんですって

マスターらしい夏の一皿です 気分や素材で毎回ちがいます
絵や字は残ってしまいますがお料理はマスターが今この瞬間をあらわす一番正直な表現なのだと思うのです

『オレは料理人ではねえ。ゲージツ家だ!』と、昨日は酔って言っていました

うぬぼれやもマスターの「らしさ」なので黙ってきいておいてあげましたが・・・

道産子ぽてと イカがですか

2008.06.07

ファイル 164-1.jpg

もう20年も前でしょうか
はじめてマスターから 『うまいべ!!(笑顔)』 と同意を求められたときは正直『・・・・』でした
ずん胴鍋にいっぱい茹でたじゃがいもを見せられ好意的に『食えや』と言われた時にはとんでもないところに来てしまったと思ったもんです・・

塩辛とジャガイモとバター?と聞いただけで、無理かも・・と思ってましたから。
ところが今ではかなりの好物、美味しいと感じています

もともとは道南地方函館あたりの食べ方のようですがマスターは子供の頃からよく食べていたんですって。

塩辛はもちろんマスターの手づくり。塩分控えめで後をひく味です
どうしたものなのか同じように私が作っても同じ味にはなりません。

どこが違うの?と聞いてみると 『手(断言)』 ですって!
なにやら手から旨み成分アミノ酸がでるとか!?

店のメニューでは「どさんこぽてと」
ホクホクじゃがいもと無塩バター、イカの塩辛のトリオプレートです
塩辛は道産子風アンチョビといったところかな
怖がらずにぜひぜひご注文くださいませ!

色鮮やか 自家製ピクルス

2008.04.29

ファイル 146-1.jpgファイル 146-2.jpg

メニューにのっていないもので人気の商品もあります
自家製のピクルスはお料理の添え物、脇役なのですが、とても気に入ってくださりおかわりを頼まれたり持ち帰りをリクエストされたりします。
季節によってホワイトアスパラや山菜が加わったり、ゴーヤなども登場します

色がとてもキレイで私もついつい、味見を称してつまみぐいをしてしまいます。

マスターは最近イメージチェンジです。還暦をむかえたのを機に“禊ぎ”でしょうか。
ちょっとコワい人にも見えますが案外似合っているかな・笑・

もともと海猫屋の歴史は、70年代のこわおもて丸坊主の舞踏団が発祥なのですよ
店内にマスターのダンサー暦や舞踏団の写真アルバムがありますのでご覧ください

ゴールデンウィークも前半が終わりました。
明日からはまた20度を越える初夏の陽気になる予報です

GWスタート  おすすめメニュー

2008.04.26

ファイル 144-1.jpgファイル 144-2.jpgファイル 144-3.jpgファイル 144-4.jpg

この商いに関わっている限り、ゴールデンウィークやお盆やクリスマスに遊ぶことは縁がありません。
でもお陰さまで沢山のお客様をお迎えできて店冥利につきる時期でもあります。

先日テレビで紹介して頂いたせいか、多くのお客様がヘラ蟹のスパゲティーと自家製ジンジャーエールをご注文くださいました。
お味はいかがでしたでしょうか。楽しんでいただけたでしょうか。

上の写真は先日放映のテレビより。解毒剤をのんでいたのかなと思う程、マスターが毒気のないとても穏やかな良い人間に映っていました。
おかしいなぁ。。

「人物はフィクションであり実在の性格とは異なります」のテロップが必要だったかも!(笑)

近海ボタン海老

2007.10.19

ファイル 50-1.jpgファイル 50-2.jpg

生きています。身は透明感があってきれいです。前菜ではバルサミコソースやジェノバソース、ホースラディッシュクリームなどお好みで。
海猫丼の上で飛び跳ねて驚かすようなことはありませんのでご安心を。

スタッフ

ページ移動