記事一覧

着物姿で艶やかに

2008.08.08

ファイル 211-1.jpg

Kの着付けの先生と生徒さんたちのご来店です

夏の風情たっぷりの薄物や浴衣姿がカウンターに並ぶと存在感たっぷり!

暑いこの季節にキリリと涼やかな着物姿をみると日本の夏も良いなぁと感じます

私も不快指数上昇中の洗い場から抜け出して優雅な一行に加わりたいな~

海猫屋ミニ同窓会

2008.07.22

ファイル 201-1.jpgファイル 201-2.jpg

東京から半年に一度の半澤潤子さんの定期訪問です
前ぶれが大きくてスタッフが緊張していたりしてね・・

8年前にヒルトン小樽のオープニングスタッフとして東京から来樽して以来の縁・・海猫屋2号店(今はもうないけれど)オープンの際にはマネージャーとして活躍してくれました

N.Y.に研修に行ったときの写真を広げて思い出話などで盛り上がりながら、いつか又小樽に戻ってこれるといいね・・と話しました
夜は海猫屋のスタッフだった幸ちゃんがシェフを務める「月の中」でグラスを傾けます マスターと親子のようなツーショットです
ちょっとしたミニ同窓会かな・・

酷暑の東京から逃れてひたすら涼しさを満喫した潤子さんも機上の人となり帰っていきました  

永仮ドクターとツーショットで

2008.07.17

ファイル 196-1.jpg

Kの父の命の恩人でもあるドクターが東京から札幌の学会にいらしたので
お仲間数人と夕食に小樽まで足を伸ばして下さいました 

建物や食材に興味津々の眼差しで質問なさいます 

大学病院の中でお会いしていた天才肌の鋭い面持ちの外科医とはまた別の、
好奇心あるれる無邪気な少年のような顔を見せて下さいました

日頃は命にかかわる厳しい現場にいらっしゃるドクターの方々も、
束の間の、ゆっくりと流れる小樽時間をすごして頂けたかな・・・

それでもあっというまに時間が過ぎ、11時発の終電に駆け込み間に合うような時間になってしまいました

お忙しいなか、わざわざ時間を作って訪ねてきて下さる有難さをしみじみ・・
私もがんばってお仕事しなくっちゃ

お客様からのメールメッセージ紹介します

2008.07.02

海猫屋のポークカツレツとカレーとビール。

これほどダイエットにいそしむメタボ中年おじさんの心を奪うものはありません。
糟糠の妻を置いて、若い娘に走る気持ちがよくわかります。

晴れた夏の日、ウォーキングの果てにたどり着く海猫屋、シーザーサラダか、
はたまたグリーンサラダか、カロリー計算をぶち壊す魔力。

明日からちゃんとダイエットしますからと自分に言い聞かせる間もなくかぶりつく快感。カーラブルーニ仏大統領夫人がとなりにいても気がつかないかもしれない陶酔感。平らげてふと我に返り感じる罪悪感にまさる充実感。

男の夏がやって来ました。
テーブルでなりふり構わず一心にビール片手に特製カツカレーを食べるおじさんがいたらそれは私です。

良く冷えた白やロゼワイン、シャンパンもお試しあれ。

TS

ナナちゃんと呼べる贅沢さ

2008.06.24

ファイル 180-1.jpgファイル 180-2.jpg

木の実ナナさんから電話を頂戴しました

近況のお知らせとNHKのスタジオパークに出演するから見てね!という
いつも通り明るい声がマスターとの電話越しに響いていました

ふらりと海猫屋に立ち寄ってくださってから20年が過ぎますがマスターとは親しくお付き合いさせていただいています

マスターが子供だった頃に既に大スターで、今もなお大スターであるナナさんを
『お~ナナちゃん、元気か』なんて言ってるのを聞くと子供の頃から大ファンだった私にすると、なんていう贅沢!と思うのです

海猫屋の2階のレッスンバーにナナさんから頂いたトゥシューズがぶら下げてあります
さりげなくレンガと同化して何気ない景色のようになっていますが

私にとっては永遠の憧れのナナさんの姿をかさねてコーヒーやワインを飲んだりするのはひそかな楽しみにもなっています♪

白山姉弟 帰郷

2008.06.22

ファイル 178-1.jpg

数年前の学生時代、姉弟で海猫屋で働いてくれていた郁美さんと将が小樽に里帰りです

当時、大学で彫金美術専攻だったikumiさんは今では東京でジュエリーの製作

高校生から海猫屋のキッチンの手伝いをしてくれていたmasashiは23歳
2年前ドイツに渡り、来月からは念願のフランスアルザスのリクビルにあるレストランでの修行が決まったそうです 

星の奪回の為に力を注ぐ美味しい料理をだすオーベルジュだそうです

年月を経てもそれぞれが目指していた道に立っているという報せを聞くとホントに嬉しいし、頼もしく、誇らしいなと感じるのです 

戻りたいと思ったりはしないのだけど、若いっていいなぁ・・なんて、
そんなありきたりの台詞をつい言ってしまうのです

前途に光あれ!

スパコネから only oneのサウンド届きました♪ 

2008.06.20

ファイル 175-1.jpg

先日お会いしたスパニッシュ・コネクション(スパコネ)のギタリスト、伊藤芳輝さんからCDが届きました 
早速お店のBGMとして流していたら『いいですね~♪誰のCDですか?』とお客様から尋ねられました

今月末からの北海道ツワーでは海猫屋でのライブもオファーを頂いたのに、
日程があわずに泣く泣く断念したのです(涙・涙)

独特なリズムとメロディー、メンバーの素晴らしい演奏は、気温が上がってちょっと湿度を増したような海猫屋の店内に時空を超えて異国の風を運んでくれました

CDでもこんなに熱いのにライブが実現できたらどんなにいいかな・・ドキドキ♡

今回の北海道ツアーは通常のギター、バイオリン、タブラにパーカッションとべースが加わるというのですから必見です

海猫屋でのライブもいつか実現しますのでお楽しみに!

柄本明さんをお迎えして

2008.06.13

ファイル 170-1.jpgファイル 170-2.jpg

後姿で認識できる人ってどんな人ですか
家族とか、恋人、友人、しかも親しい友人、四六時中をともにしているようなごく身近なひと・・・だと思っていました

開け放した海猫屋の南側の扉から新聞を広げる後姿のお客様をみて
「あ、柄本明さんがいらっしゃってる!」とすぐに分かりました

背中もちゃんとご自身を語ってる・・存在自体が柄本明さんなのです・
ほんとにすごい役者さんだなと改めて思いました

今回は劇団東京乾電池の公演での小樽入りです

海猫屋でお会いするのは2度目ですが若い頃演劇ファンだった私にとっては、こんな風にお話できるなんて感動!

下北沢の本多劇場のこけら落としで上演された忘れる事のできない舞台「秘密の花園」の話などできて、ホントに嬉しかった~

公演後の打ち上げでも海猫屋に来ていただきました

私は久しぶりにお芝居を観て、箱に入れて大事にしまいこんでいた個人的な想いや感情なんかに触れて特別な時間をすごさせてもらいました 

人って、やっぱり時々歩みを止めてひと休みして地図を広げたり、呼吸を整えたりするやどり木や、清水を口にする泉が必要なんだなと思ったりしました

柄本さん、乾電池の皆さん、ありがとうございました

愛しのOG 両手に花

2008.06.10

ファイル 167-1.jpgファイル 167-2.jpg

マスターの顔、どうです?でれっとゆるんでます。まったくぅ。。。正直なんだから!

あれから14年も経ったと聞いて改めてびっくりしてしましましたが、当時大学生で海猫屋で働いてくれていたOGスタッフです

歳はかわっても美しさはかわりません ますます綺麗になりました

年に何度かは顔をだしてくれていますが今回は吉報♡を持っての来店です
香織さんの左手の薬指には指輪が光っていました!!

でもマスターは少々ご機嫌ななめ・・まるで父親か恋人の心境のようです

でもこうして海猫屋が縁で知り合い、その後遠く離れても友人としてつながっていてくれて、節目節目には顔をだしてくれるのは本当に嬉しくて成長を見守る親のような心境になります

学生の頃はいろいろと心配をして面倒をみていたつもりでいるマスターですが、今では我儘勝手なホラ話や、加齢独特の説教や、耳にタコの自慢話も笑顔で聞き流し、時には諭されたりしているのですから立場はすっかり逆転(笑)

女性はたおやかに成長し女っぷりや母性を育てて輝きを増していくのに、男の人はあるところから成長が止まってしまい、子供っぽいところを残したまま歳をとっていく生き物のようです

ゲストブック  唐津から

2008.06.09

ファイル 166-1.jpg

佐賀県唐津からのお客様です
店もそろそろクローズかなと思った頃、9名さまでご来店でした
なんでも高校の同級生のグループでこの10年ほど毎年旅行をしているというのです
とにかく心から楽しんでいるのが伝わって、そんな友人関係を続けていられることをほんとに羨ましいなぁと思いました

マスターもすっかり話の輪に入れてもらって賑やかなひと時です

でも卒業して何年も過ぎても体内時計はいつしかタイムトリップして高校生の気持ちに戻れるなんて幸せですよね

いつも威張っているマスターも高校時代のスキー部の先輩がご来店になると『○○先輩!のんでください』なんて言っていて、本人は普通に言っていますが私からみるとチョット可愛い光景にみえたりします

♪君と好きな人が百年つづきますように♪♪

2008.06.08

ファイル 165-1.jpgファイル 165-2.jpg

小樽で本格和食の腕をふるう、居酒屋「百年坊(ひゃくねんぼう)」のご主人と奥様の17回目の結婚記念日で御来店でした。

この時期夕方6時前といえばまだお昼のような明るさで、開け放った扉からは初夏の風と光が差し込んでいて、いい感じの夏の夕方の乾杯でした

ご主人の百年(ももとし)さんは小樽の老舗寿司店に生まれ、8歳のときにはもう包丁を持ち、天ぷらを揚げていたという、このみち一筋の職人さんです 
仕事を終えたマスターもよく立ち寄り、お酒とお料理を楽しませてもらっています。
食材にたいする優しさを感じる丁寧でとても美味しいお料理ばかりです♪

マスターは百年さんがまだ子供だった頃からみていたせいで例のごとく「ももとしっ」と呼び捨てにしているので、お客様で来てくださっているのに申し訳なく思ってしまいます・・

M’sカウンター(1階のマスター誠のお任せ料理カウンター)で本当によく飲み(ビール&ワイン3本!!)よく召し上がってくださいました

でもご夫婦がお二人の歴史をワインを飲みながら語れるなんて良い景色だなぁと思いましたヨ
大切な記念日に海猫屋をお選び下さって本当にありがとうございました

でも服装を見るとやっぱり北海道ですね。日中は25度まで上がった気温も扉をあけたまま夜の9時になると肌寒くなってきて、冬のジャケットを着込んでいます

薔薇の花束とどきました

2008.05.18

ファイル 154-1.jpgファイル 154-2.jpg

先日市役所で入籍を済ませた直後にお二人でご来店下さった福地さんご夫妻から真紅の薔薇の花束が届きました

突然花束が届く幸福感を味わわせて (味あわせて?ン?活用はどうなってるんダロ。突然疑問ダ) いただいてこちらこそありがとうございます!
お二人のお幸せなお暮らしが目に浮かぶようでこちらまで嬉しくなります

薔薇の花って本当に美しいです  見ているだけでウットリします 
優雅な香りを伴っていったい何億人の女性の心を奪ってきたのでしょうか 

花弁が幾重にも複雑に重なって一つの花を咲かせているのは人生そのものかな・なんて思ったりして・・
ありがとうございました (ご連絡先分からず、この場をかりて)

お幸せに! 
甘い生活に乾杯!

ページ移動