English MENU

海猫屋日記海猫食堂より 日々の生活をつづった日記帳

2016年11月01日    No name

海猫屋は10月末を持ちまして閉店いたしました

お客様とスタッフのおかげの40年間でした。心から感謝をお伝えします

どうかみなさまもお元気で!

 

many thanks and good luck!


IMG_5752IMG_5563

IMG_6396

to be continued…➡︎

 

 

 

2016年10月30日    many many thanks

IMG_6246 IMG_6292

お昼のシェフ幸ちゃんとは2号店ユーロの時からだからもう15年の付き合いになります。
当時は見習いで入って来たのち、札幌の有名フランス料理店で修行を積み縁あって再び四年前から海猫屋の調理場に立つようになりました

IMG_6262 IMG_6298

マスターと幸ちゃんとのやりとりを聞いていると、辛辣な言葉が飛び交い、時にドキドキしていました。

押しの一手のマスターも時々彼女の一言でショボンとしたり可愛い一面も!

みゆきシェフは、時に⁇?のマスター語も、マスター取り扱い説明書も理解してくれて親子のような関係のようにも見えました!

IMG_6248 IMG_6285

海猫屋への貢献とマスターの力になってくれたのは紛れも無い事実!

大きな感謝と家族のような愛情を伝えたいです
ありがとう!!

仕事中は厳しい顔の彼女も夜はやさしい母の顔に♡
愛らしい娘のちかちゃんも今夜は賄い食卓に特別初参加です

IMG_6352 IMG_6370

店の中に食材が減って来たので最近賄いはシンプルになりつつありますが、みんなで笑いながら食べるとそれが一番の美味しくなる魔法

スタッフの疲れも限界ではあるけど、最終日明日も開店します

ヘラガニスパもカレーも残り僅かですから、明日のメニューは《あるもので出来るもの》という海猫屋初めてで最後のメニューになります

夜はマスターの元気が残っていたら営業しますが、食事が提供できるかな〜
あしたにならないと分かりませんm(_ _)m

OBスタッフの将太もお昼に少し顔を出してくれて、マスターのビールに付き合いながら暖炉の火の前でしばし別れを惜しむ時間を過ごし、帰京しました✈︎見送り役は娘の日向子

ごきげんよう!元気で!また会いますよ!

IMG_6281 IMG_6329 IMG_6335IMG_6333

2016年10月29日    no name

営業日も残すはあと三日となりました

海猫屋を営業も経営もしているという感じはなくて、海猫屋と名づけた建物とともに過ごしている感じです

《蔵》と呼ばれ仕事をしてきたこの建物に名前をつけ、40年間をともにしてきたのですからマスターにとっては家族以上に長いつきあい。

生みの親のような思いですから(男性は子供も生まないですしね)家族以上に愛していたとも言えなくもないでしょう

暑さの夏はともに汗を流し、寒さの冬は暖炉に薪をくべ、吹雪の夜はともに音に耳を傾け、凍える日には店内にしたたり流れる氷の溶け水さえ、子供を看病する親のように愛情をもって面倒をみていました

店内のあちらこちらに空き缶をおいてしたたる水をポツンポツンと音をたてて受けていた光景さえご愛嬌。お客様もそれを受け入れ楽しんでさえいました♪
懐かしい思い出です
鈴木先生鈴木先生ピアノ

そして《海猫屋さん》も誰よりも主であるマスターを愛していました

家族以上にマスターを知っているのも《海猫屋さん》です。

あるじに喜びを与え、苦しみを理解し、孤独なときには静かに寄り添い励ましました

海猫屋さんはあるじの決別の決断を愛情をもって受け入れ、あと2日でその名前の看板を下ろします
no name

誠&鈴木ドクター将太爆笑



ほんとうに40年という長きにわたり多くの多くのお客様に来ていただきました

主であるマスターを支えてくれた大切なお客様やスタッフは《海猫屋さん》にとっても忘れがたいに違いありません

『マスターの友達でいてくれてありがとう』『私を愛してくれてありがとう』『幸福を信じています』
海猫屋さんの声がわたしには聞こえましたよ

(誰にでも理解できるわけではない)マスターを20年に渡り理解し(ようとしてくれ)友人でもあったイアクリニックの鈴木ドクター
来店を重ねるという、時間を割いての応援をしてくださった感謝は言葉では語りきれません。

そして10年前に海猫屋のスタッフで当時学生ながら苦楽をともにしてくれた将太クンも東京から!

彼らが来ると満席だった店内が不思議に一気に波が引いたようにお客様おかえりになり、この時期の海猫屋本来の静けさに包まれました

それぞれがそれぞれの思いで海猫屋に別れを告げてくれていたのだと思います

50年前の私のピアノもまもなくお別れなのですが鈴木先生が弾き始めると、精一杯美しい音を奏でて応えていました

2階で集合行灯




海猫屋はなくなってもマスターの人生の新しい章でもお付き合いは続きます
新しいno nameという場所で
本当にありがとうございました

 

とても深い深い感謝の気持ちです

2016年10月27日    キッチンドリンカーズ!


ほとんどの時間をキッチンで過ごしています
あと数日の営業日となりましたけど、マスターはよく動いてよく働いています。

私がいうのもだけど仕事中はとても真面目な人なんですよ!仕事中はね!

 

IMG_6159 IMG_6162

遠方から僅かな時間のために遠方から✈︎来てくれた友人ともキッチンから出れなくてゆっくり話したりもできません。

ではと、、キッチン内に招いての乾杯!(堂々とこんな事が出来るのもタイムリミットの今だからです)
今夜も満席でゴチャゴチャのキッチンなんだけどそれもまた面白いでしょ!でも臨場感あふれるSS特等席でもあります

IMG_6160 IMG_6161 長年お世話になったサッポロビール★の臼井サンとは営業マンを越えた仲です
1ヶ月近く出張スタッフとして一緒に働いてくれたこともあります。つらい時期も共有してくれましたm(_ _)m
でもだからこそこういうキラッとした時間も一緒にいれるのですよね

IMG_6164IMG_6163

最終便に乗れるギリギリまで★🍺(o^^o)

2016年10月26日    多忙な休日

外観最後の日パパ木を切る木を切る

今日は店はお休み。マスターも午後2時過ぎにやっと起床。高齢のために閉店ですが、連日過酷労働です。。

休みとはいえ、普段できないでいる閉店に関わる事務的なことに追われます。やっと終わると9時過ぎに!
プライベートは僅かな時間です
そんな時間をすごす場所は自分らしくいれる限られた場所と会いたい人のいる選択肢から。

店の外観が変わりました。わかりますか
蔦の根元からと木を切りました
海猫屋さんも四季の衣装をぬぎ素顔になり110歳の老いた蔵にもどります。蔦もあと数日で落葉です

 

お客様にはお客様の思い出があるように、
私たち家族には私たち家族の思い出があります
ひとつひとつの行動や決断にはとても意味があり《海猫屋さん》とわたしたち家族の歴史なのです

ひとつずつ大切に宝箱にしまいながら。あと数日となりました


カフェホワイト1カフェホワイト2

ブログ・blog