記事一覧

カレーライス

2013.07.25

ファイル 632-1.jpg

海猫屋の裏小路の小樽博物館にいってみた。
そこに明治初期の地図があった。
目を凝らしてみると、そこに我が家を見つけた!

なんと、先祖は「増山鶏卵商会」!!!

ということの由縁で、海猫屋のカレーには目玉焼きを乗せるこに決めたよ

Masuyama makoto

シャコ

2011.11.23

ファイル 570-1.jpg

寒くなったこの季節、海水も冷たく、小樽産シャコも身がしまり美味しくなった。

そしてなぜか季節はずれの小樽産の真イカも市場に入荷してる

きょうの魚介カルパッチョはこのふたつが主役になった

シャコおれも食った。シャコはオスに限るのだ。旨かったー

makoto

メキシカンピザ

2011.11.06

ファイル 565-2.jpg

例年に比べると比較的暖かい日が続いています。
ホットワインなどの暖かいお酒の注文がはいると、いよいよ冬に近づいたなと感じます。

でもまずはビールという方も多いですね。マスターも季節を問わずビール党です。
ビールにおすすめのメキシカンピザです。

チリ風味のビーフ挽肉、ハラペーニョでピリ辛にマリネしたオニオンやパプリカのソースをベースにアボカドのディップをトッピング。
ジューシーなトマトもベストマッチ。
マスターやスタッフの間でも人気のお薦めピザです。お試しください♪

牛タンの赤ワイン煮込み

2011.02.07

ファイル 519-1.jpg

夜の営業時間は店の中にいて一歩も外に出れないので「雪あかりの路」も全然見に行けない。。。

店内に入ってくるお客様が雪まみれになっていたのできっと吹雪になっていたんですね。おつかれさま

寒かったせいでしょうか。今日はオニオングラタンスープやビーフシチューなどの温かいメニューの注文が目立ちました

今週のおススメはタンシチューです
牛タンをたっぷりの赤ワインで時間をかけて煮込みました

雪明かりの路の期間中は人気のデュエットディナーでもチョイスできます☆

どさんこポテト

2011.01.30

ファイル 515-1.jpg

マスターしか作れない海猫屋の自家製塩辛。

どうしてかしらね。私が作っても同じ味になりません
我が家ではお袋の味じゃなくて親爺の味です

あつあつのジャガイモにバターと塩辛。それに甘みを引き出したバルサミコ

なんだか不思議な取り合わせだけど、これが合うのです。
怖がらずにこの全部ををまぜまぜにするのがいいんですよ♪

マスター手づくりの北海道のソウルフードを是非ご賞味あれ!

あつあつスープ

2011.01.16

ファイル 510-1.jpgファイル 510-2.jpg

寒い季節のお助け献立はお鍋ですよね
手軽にできるし栄養は摂れるしね

寒い季節に是非お勧めなのがオニオングラタンスープです

玉ねぎを時間をかけてアメ色に炒めるだけでもけっこう時間がかかります
そこに鶏ガラと野菜でとったブイヨンを注いで、バゲットにたっぷりのチーズをかけてオーブンで焼き上げます

家庭でつくると結構手間がかかるのでご馳走スープです
ガーリックトーストを添えればちょっとした食事になるし、もちろん単品でもどうぞ!
左は去年の写真、右はさっき焼き上げたもの。変わっていませんね

海猫屋のHITORIーGOTO

2010.08.31

ファイル 477-1.jpgファイル 477-2.jpg

今日、海猫屋で豚肉を仕入れている肉屋のおやじが、

「マスター、神のブタが入った。」

と、声を弾ませて入ってきた。

ルスツ村(北海道ルスツ高原)で飼育された「もち豚」なのだ。

店ではポークグリルとポークカツレツをメニューにいれているが、フライパンで焼くグリルより、パン粉で揚げたポークカツレツのほうが断然美味だ!!

たぶん、肉汁がカツの場合逃げないためではないだろうか。

俺が今まで食った中で、1番うまいカツだと思う!

一度食べに来てくれよ!!

なんまらビールにも合うし。

これはまったく作家椎名誠の食べ方なのだ!

MAKOTO

マスターの一押し ニシンのマリネ 

2010.02.20

ファイル 437-1.jpgファイル 437-2.jpgファイル 437-3.jpg

北海道に春を告げる魚、ニシンですが
一カ月ほど前から大きな数の子が入っています
マスターはこの世界に入ってから何十年が経ちますが、この寒い季節にこんな立派な数の子が入っているのはとても珍しいと言っています

腹からだした数の子は一日塩漬けにしてマリネや海猫丼に添えます
(今日のお客様は塩漬けが間に合わず添えらませんでした そんな日もありますので悪しからず・・)
この数の子、お正月に頂くものとはまた全然違った食感なんですよ
なにより獲れたて新鮮な数の子が頂けるなんて贅沢ですよね

ニシンのマリネも薄塩なのでまるでお刺身のようです
ニシンってこんなに美味しいお魚だったんだ~と思いますよ!
かつて小樽の繁栄を牽引したニシン。是非ご賞味あれ♪

ジンジャラーに捧ぐ Hot Ginger Tea & Vin Chaud

2010.01.09

ファイル 429-1.jpg

寒い日が続いています

そんな日にお勧めの飲み物です
自家製ジンジャーエールも人気ですが、寒い冬におすすめはジンジャーティーです
ショウガとハーブを煮詰めて作ったジンジャーシロップを紅茶に入れると身体の芯からポカポカ♪温まってきます

最近は生姜がブームのようでジンジャラーという方たちもいるようですね
このシロップとオレンジジュースやスパイスとブレンドしたホットワインも冬季限定のメニューです

雪の小樽散策にはまずは身体を温めて♪です

大海にデビュー「海猫サラダ」

2009.09.04

ファイル 401-1.jpgファイル 401-2.jpg

いつもご贔屓にして下さってくるS産業の親睦会が屋形船を貸し切ってれ行われるということで、ケータリングでした

和の風情たっぷりなので仕出しといった方がしっくりくるかな

友人でもあるS夫人のリクエストで「海猫サラダ」です

野菜畑のような花畑のような、空気をたっぷり含んだサラダを作るときのマスターは絵画を描いているような花をいけているような世界にいます

ホームパーティや社内パーティーなどケータリングや出張料理のご要望にもお応えいたしますのでご相談くださいませ

フルーツのロデヴ

2009.08.13

ファイル 388-1.jpgファイル 388-2.jpg

ロデヴというのは南仏にある小さな町だそうです

その町の名前が由来となっているこのパンは水分が80%から90%というスープ状の生地で焼かれるんだそうです
そんな生地を焼き上げるには、かなりの技術と経験が求めれるでしょう

これはフルーツのロデヴ
ずっしりと重いです 自家培養のルヴァン種を使って焼かれています
海猫屋ではフォアグラ入りのテリーヌと一緒に添えてお出ししています

フルーツの甘みとパンのほのかな酸味は、チーズ、とりわけブルーチーズには好相性☆
ワインを飲み残した時にはこれ以上の贅沢はないでしょうというデザートになります♪

このパンを焼くのは孤高のパン職人、海を臨む小さな村忍路にアトリエをかまえるエグ・ヴィヴの丹野氏です

アイコのマルゲリータ

2009.07.20

ファイル 370-1.jpgファイル 370-2.jpg

アイコという名前のミニフルーツトマトです 
今月のピザはアイコのマルゲリータ
酸味の利いたトマトソースと甘みの強いアイコの組み合わせは爽やかな北海道の夏のテイスト!

海猫屋のプランターにうえたアイコはまだ緑色で未熟なのです
今年の夏はあまり暑くなりません
夜になると寒いくらい。。。

今週末は小樽を代表するイベント「潮まつり」です

もう少し暑くなってビールの美味しい夏にならないかなぁ・・

K

ページ移動