記事一覧

父親・岳物語

2009.08.05

ファイル 381-1.jpgファイル 381-2.jpg

教科書にも載る名作の主人公「岳」といえば多くの方がご存知でしょう

作家の椎名誠さんとマスターとの出会いはまだ岳クンが小学生だった頃。北海道を一緒に旅をしてまわったそうです 
その後いくつかのエッセイで海猫屋やマスターのことを書いていただいているのです

当時やんちゃで元気いっぱいの岳少年はマスター特製の大盛り冷やし中華をペロリと平らげて大人をびっくりさせたというエピソードを残しています♪

父親と少年との情感を織り交ぜたストーリーが心に残る「岳物語」ですが、ご自身が父親となり、数年ぶりのご来店でした(二人のお子達、ほんとに可愛い♪)

でもどうも親父というのは似つかわしくなく、瞳の奥にやんちゃさと少年ぽさが隠し切れないでいるのが微笑ましいのです

それにしてもお変わりにならないのが、椎名夫人の渡辺一枝さん
慌しい海猫屋の喧騒の中にいて、そこだけが穏やかで、ひたすら優しい空気に包まれているのです 

いつお会いしても、遠めに拝見しても、ああここに一枝さんがいらっしゃるな、という雰囲気にさせてしまうのです

こんな高貴な雰囲気を漂わせながらチベットの草原を馬に乗って移動しているなんて、私にはまるで絵画のようなイメージです

30年以上お店をしていると、こうして訪ねてくれるお客様と共に年月を重ねていることを実感するし、それをうまく言葉にはできないけど、重みのあるよろこびでもあるのです

経営も仕事もタイヘンだけどやっぱり明日も頑張って働いてお店を続けなくちゃと思うのです

K

薫風の午後

2009.06.09

ファイル 359-1.jpg

今朝のニュースでは本州の入梅を伝えていました
リラ冷えと呼ばれている肌寒い気候も落ち着き、いよいよ北海道がエヘン!と自慢したくなるような爽やかな初夏の訪れです

海猫屋の1階の重たい引き戸も開放され、清々しいゆるやかな空気を店内に運んでいます 天然の空気清浄機!

1階の席でワインを傾けながらお食事を楽しんでくださったお客様は79歳におなりになるというお母様と娘さんです
お二人ともお歳を聞いてびっくりという美しさです 
それにとってもチャーミングでお洒落♪ 素敵です
幾つになっても母娘っていいなぁ

40年近く前、マスターが20代の頃にやっていた天麩羅やもご存知の古いお客様です ありがたいですね 

折りしも昨日は私の亡母の7年目の命日で、生きていれば今年80になっているんだなぁとそんな思いも重ねながら、便乗して心凪ぐ穏かなひと時を過ごさせていただきました 
(頂戴したステキなバレッタ、大切に使わせていただきます♪)

ニャンコ旅立つ

2009.04.14

ファイル 347-1.jpg

当初2週間といっていたのに延長滞在していた居候ニャンコが旅立ちました

それにしてもこの荷物!背中のリュックは自分の体重以上ですって。
鍋釜、テントなど衣食住を背負った人間ヤドカリ(笑)

今回もホントによく飲み、よく喋ってました

小樽の次は沖縄に行き、初夏には欧州だそうです
今月末には国際通りあたりで大道芸人ニャンコを見かけるかもしれません 
那覇の皆さんヨロシクです

一体いつまでいるの~と言っていた居候猫も、いざ帰ってしまうとなんだか寂しくなりました
Bon Voyage!また会う日まで♪

ニャンコ来る

2009.03.22

ファイル 337-1.jpgファイル 337-2.jpg

春の兆しと共に毎年舞い戻ってくるのがニャンコです

海猫屋ではマスターの飼い猫的存在!なのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね 
そうあのニャンコが帰ってきました

去年も唯一無二のオリジナル大道芸を引っさげて欧州の旅に行っていたようです 

2週間くらい (2週間も!)居候をして裏芸の易者に専念するんですって

マスターも私も占いには普段はあまり積極的ではないけれど、ニャンコの易だけは生還のご祝儀&定期健診のような感覚で毎年やっているのです 

当たるも八卦~当たらぬも八卦~ですが、これが又結構当たる!

『こら!猫!』 とか言ってますが、この奇妙な友人をマスターの流儀で歓迎しているのです 
もちろん私にとっても心優しき大事な友人です
 
変わった風貌で店の片隅で筮竹を傍らにお酒を舐めていても驚かないでくださいね

こんにちは赤ちゃん

2009.01.15

ファイル 297-1.jpg

最年少のお客さまです
生後三ヶ月のBABYを抱くのは以前スタッフとして働いてくれていたmikaちゃん    

マスターは久しぶりに目にするピカピカの赤ちゃんにチョット戸惑い気味だったけど孫をみるような眼差しでした
そうだわね こんなに可愛い赤ちゃんを抱けるならおばあちゃんになるのも悪くないかな


子供の頃に親に連れられて海猫屋に来ましたという女性が今は海猫屋のスタッフとして働いてくれています

33年間の海猫屋の様々な時代と、訪れてくれたお客様の時の流れがそれぞれの重みをもって重なっていくのを感じるのです


 

幻の蟹

2009.01.09

ファイル 294-1.jpgファイル 294-2.jpg

年末に九州のテレビで紹介された番組をみてきて下さったお客様がいらっしゃいました
佐賀出身のお笑い芸人、はなわさんが海猫屋で「ヘラ蟹のスパゲティー」などを食べてくださった番組です

ヘラ蟹は最近も「ぴったんこカンカン」で余市でとれる幻の蟹として紹介されたので知名度をあげたようですね
これが噂の幻の蟹ですか!と聞かれました


遠方からのお客様は悪天候の雪景色でさえ新鮮目に映るようです
今年はまだ本格的な寒さは到来していないので雪かきも楽をしてるけど、そろそろ大雪が降るのでは・・・とびくびくしているのです

そうそう今発売中のレタスクラブに海猫屋を紹介していただいています

偶然の再会

2008.12.28

ファイル 290-1.jpgファイル 290-2.jpg

ランチタイムの終わった午後3時。
以前2号店ユーロダイングでスーシェフを務めてくれた佐々木氏が顔をだしてくれました

今は人気のプリン専門店アンデリスを経営する会社の社長です
東京から助っ人で来てくれていた同僚だったjunkoとは偶然の再会となりました
7年の年月は長いのか短いのか…ちょっと不思議な感覚でした

お土産でもってきてくれた箱をあけると可愛いプリンがいっぱい!
北海道の食材を意識しアイデアを凝らした数々はどれにしようかな~と迷ってしまうけど、見ているだけでも楽しくなります

隠れ甘党でもあるマスターもぺろりと平らげていました
ごちそうさまでした!

突撃撮影隊

2008.09.28

ファイル 263-1.jpgファイル 263-2.jpg

韓国CSテレビの旅番組の撮影で女優のオ・ヨンス(OhYeanSu. 오연수)さんがいらっしゃいました

韓国では人気女優さんで、日本ではBSフジで放映中でドラマ「朱蒙・チュモン」に出演しているそうです

「突撃隣の晩御飯」的な訪問だったので普段の海猫屋の臨場感たっぷりの撮影でしたが、美しい女優さんはさすがに絵になっていていい光景でした

市内から観光で

2008.09.23

ファイル 258-1.jpg

小樽市内の方がお食事に来てくださることが多くなりました
数人のお食事会から貸切のパーティーなどでも。

昔の海猫屋を知っている方からは『食事はできるのですか』とか『ライブはもうやってないのですか』と聞かれます

30年まえは高校生でライブや舞踏をみた方が家族をつれてきて下さると、続けていくことはタイヘンだけど知らない間に歴史は刻まれているのだなぁ・・と励まされる思いです

今日は友人が主催するコーチングセミナーの昼食会で市内の看護師さんたちがご来店 ひとくちデザートのカボスのシャーベット、好評で嬉しかった~
なんだか観光客みたいに記念撮影です 
楽しんでもらえるとこちらまで嬉しくなります

小樽運河ベネチアンプロジェクト(仮称)

2008.09.06

ファイル 245-1.jpgファイル 245-2.jpg

私もお世話になっている小樽マネジメント塾の塾長!をも務めて下さっている公認会計士の佐藤等先生を囲んで塾生たちの賑やかな集いでした 

街の活性化についてなどアップテンポな話し合い(飲みもアップテンポで!)のなかで次々とアイデアが出されます
なにより凄いのは提案→具体化→実現までのスピードです

昨夜は小樽ベネチアン計画(仮称)としてランチボートで運河サンセットクルーズの実現が決定。
ワイン&フィンガーフードで運河くだりをするプランです 橋の下もくぐるのです 
これが雰囲気最高!なかなか体験できませんよ
運河沿いを散策する人たちから羨望の眼差しが・・

桟橋での下船後は海猫屋での食事パーティー♪
船上でのフードも初のケータリングです

小樽の財産である運河をこのような形で楽しむプランが進むことはとても素晴らしいことです
また後日具体的な内容をお知らせしますね
(右は7月にマスターと友人らで試乗した時の写真です)

うれしい来客

2008.08.20

ファイル 232-1.jpg

小樽商大の学生だった頃、ユーロダイング、海猫屋と2店掛け持ちで働いてくれていた福島瞳さんが立ち寄ってくれました

朗らかで積極的なサービスで盛り上げてくれた太陽のような雰囲気は8年経った今も全く変わりません 嬉しくなるなぁ

普段は言葉巧みなマスターも、こんなときは案外シャイで、うまく表現しませんが、こうして旧スタッフが海猫屋を懐かしく思い出して訪ねてきてくれる事をとても喜んでいるのが分かります

いいね 日本の夏 

2008.08.17

ファイル 229-1.jpg

浴衣姿の粋なカップルはどなたかしら...と思ったら!

和の装いでスパークリングワインを傾けるだなんて、とてもいい光景です 

美しい女性は、ただそこにいるだけで華やかな雰囲気になりました

国内外のコンクールで数々の誉れ高い賞を獲得し、いつもは厳しい眼差しでシェーカーを振る姿とは別の、穏やかで優しい表情でいらしたのは
お綺麗なお連れのせいね! 

夏のおわりにふさわしい涼やかなツーショットでした

ページ移動