記事一覧

お久しぶりです 毛カニ

2008.11.22

ファイル 282-1.jpg

毛蟹を食べたいというお客様の予約が入ったので蟹を仕入れました

蟹はあんまり好きじゃないなぁ・・と思っていたのは勘違い。
観光の街なのであまりにも日常的に見ていたので食傷だったのは「目」だけで久しぶりに食べたその味はやっぱりオイシ~!カニ味噌もたっぷり入ってます!

これは自分達用に一杯余分に買ってただバリバリとマスターが包丁をいれただけのもの。お料理としてお客様にお出しするのは躊躇するけどカニはこんな風に無作法に気取らず食べるのが一番いいかな。、カニ味噌を合えたビネガーとオリーブオイルで食べるとワインにもばっちり。


今日はお客様用の仕入れに便乗しておもわぬ馳走となりました

K

ミニイクラ丼

2008.10.25

ファイル 272-1.jpgファイル 272-2.jpg

夏のウニに変わって秋の海猫丼の主役は近海余市沖で捕れた鮭のイクラです
マスターは薄味に仕上げていますのでイクラの甘みを味わえます
鶏卵の黄身のまったりとした甘みと似ています
そうそう、イクラ丼は道産子の海の玉子かけごはんです  

今年は資源保護のために定置網漁を自粛し、漁獲量が激減しているんですって。川を遡上する親サケが減少しているためだそうです

今後は価格も高騰する見込みと聞きました・・ええ~!秋の楽しみなのにぃ!

メニューにはないけれどイクラも少し食べたいな~という気持ちにおこたえして
お茶碗半膳のミニイクラ丼です ブログを見たとご注文くださいませね
仕入れ次第ですが\600前後でお出しします 

チーズケーキ&白ワイン

2008.10.24

ファイル 273-1.jpgファイル 273-2.jpg

週末のティータイムはチョット趣を変えてみませんか
ケーキセットに新しい提案!
ワインに合わせるデザートセットです

先日紹介したブルーチーズのケーキ(左)かサワークリームとヨーグルトのフィリングをのせたベイクドチーズ(右)の2種からお好きな方を。このケーキはレモンのかわりにカボスで酸味を加えて秋を取り入れています
どちらもフルーツとシャーベットを添えて 

お飲み物はコーヒーか紅茶、白ワインからお選びくださいね

大人のケーキ

2008.10.02

ファイル 266-1.jpg

海猫屋のデザートアドバイザー、asakoさんからケーキが届きました
「ワインにあわせるブルーチーズのケーキ」という要望に応えての試作品です
厚めに焼いたパートシュクレに二層になったベイクドチーズ!
薄く見えるブルーチーズですが、甘さとのバランスの中でちゃんとちゃんと主張してます
濃厚な味わいで余韻も長いです 
左党の男性にもおすすめできますよ 
 
このあいだ作った洋梨の蜂蜜風味のコンポートと白ワインで試食しました (シャンパンならもっと嬉しいけどね)
ボン・マリアージュ!
デビューをお楽しみに!


 

洋梨の話 再び

2008.09.28

ファイル 262-1.jpg

頂き物の洋梨「パートレット」です

追熟させるためにカウンターの上に置いているのですが、九州からいらしたお客様に「これは何ですか」と訪ねられました
やっぱり珍しいのかな

果物は完熟で採るのが美味しいと思うけど、西洋梨は木に成っているときは熟さなくて木から取って初めて成熟を始めるのです
未熟な青いうちに収穫して適温で追熟をさせてからいただきます

西洋ではこうして部屋に置いておくのが普通なんですって
だから静物画でよく描かれているのですね 

熟すにつれて芳香もたち、いい感じのインテリアでありアロマテラピーです

洋梨のコンポート

2008.09.28

ファイル 260-1.jpgファイル 260-2.jpg

長十郎梨(今でもあるのかな)とか20世紀梨、幸水や豊水といった品種が懐かしい私ですが、北海道でとれる梨といえば洋梨です
気候が適してるのですね 
私にとっては洋梨だなんて大人になって初めて口にしたお洒落な果物でした

近郊の町、余市や仁木でとれる「ブランデーワイン」という品種です 甘みがあって香りもよく、他の品種よりも一回り小さくて可愛いです

黄色身を帯びてくると食べごろなのですが、今日はコンポートにしました 
白ワインと蜂蜜で心持ち甘めに煮込みました 酸味はレモンのシャーベットで。ちょっと夏っぼいかんじになっちゃったかな。
次回はスパイスをいれて赤ワイン煮にしてみます

コールラビのラビちゃん

2008.09.27

ファイル 261-1.jpg

なんだかどうして良いかわからず、毎日眺めている「コールラビ」という野菜です
ドイツ語でコールは「キャベツ」、ラビは「カブ」なんですって

前回は、スライスにして生でサラダにしたり、煮込んでスープの実にしたり、キャベツのような甘みと、歯ごたえのある食感を楽しました

この姿、見慣れませんよね ついつい見入ってしまいます 
この色と形状をいかせる調理法はないかな・・

目鼻や触角に見えてしまってからは今どきの言葉でいうならキモカワイイ感じで、ペットのような愛着がわいています
「ラビちゃん」と呼び、包丁も入れれず料理できないでいるのです

元気な野菜たち 

2008.09.22

ファイル 256-1.jpgファイル 256-2.jpgファイル 256-3.jpgファイル 256-4.jpg

羊蹄山麓の真狩町で元気な野菜を作っている「いたしき農園」の野菜ミックス便がとどきました
夏野菜も終盤を迎え、今シーズンの配送は残りあと一週と聞いて、慌てて注文しました

元気なお野菜を見ると生きものだなぁ~と感じて丁寧に扱います
箱をあけた瞬間、真狩の景色と澄んだ空気を感じます

お皿に盛ると育ちの良さを誇らしげな堂々とした表情です
縁あって嫁いできた子たちを大切にお料理させていただきます

K

カボスのソルベ

2008.09.21

ファイル 254-1.jpgファイル 254-2.jpg

大分からカボスが届きました!
北海道ではあまり見かけませんね

お鍋に使ったり秋刀魚の塩焼きに絞ったり焼酎に入れたりと万能で我が家でも大活躍、今や秋の食卓に欠かせない存在になっています

今日はカボスでシャーベットを作りました
果汁をしぼり、甘みと白ワインとコアントローを加え、すりおろした皮を入れて、凍らせておいたカボスの器に盛りつけました
サッパリしていてカボスの香りもいきています

お食事途中のお口直しでもいいですね 
胃袋が一度リセットされてまた一皿食べられそう
ダイエットの敵 食欲の秋です

ピンクのスープ

2008.09.18

ファイル 253-1.jpg

9月だというのに30℃を超えたそうです
こんなことは北海道ではとても珍しいことです
秋の前菜盛り合わせですが冷たいスープにしてみました

ビーツのピンクスープ
女性なら誰もが「可愛い~」と言ってしまいそうな色ですよね

コリンキー

2008.09.18

ファイル 251-1.jpgファイル 251-2.jpg

サラダに入っていて時々お客様から「何ですか」と聞かれます
コリンキーという生で食べれるカボチャです

スライスするとフルーツのように見えますね

ソテーにしてもピクルスにしても美味しいのですがまずは生で食感と素材の味を楽しんでください

コリンキー♪☆っていう名前の響きが可愛くて気に入っていますがマスターは「丸カボチャ」と勝手に改名しています

アキアジのスパゲティ 

2008.09.12

ファイル 247-1.jpg

北海道の秋の味覚といえば、秋鮭です

秋鮭と書いて「あきあじ」と読んだりするらいですから

アキアジが川を上ってくると初めて聞いた時は、さすが北海道のアジは凄いねと言ったりして道産子のマスターに冷たい視線で見られていました

「サーモンと茸のクリームスパゲティ」です
9月10月は旬のイクラをトッピングしています
(実はマスター時々添え忘れることがあるのです ご指摘くださいネ)

白ワインとパルミジャーノ、ガーリックとエルブドプロバンスというハーブで少し香り付けしています

トマトソースの酸味が美味しい夏の季節から、すこし濃厚なものも食べたくなってくる季節に移り変わってきました 

ページ移動