記事一覧

夜のピクニック

2009.08.28

ファイル 395-1.jpgファイル 395-2.jpg

この頃、すっかり涼しくなってしまって、空は高いし空気も澄んで石狩湾の対岸の山々もよく見えるようになりました。
日中でも半袖では肌寒い気が・・・ついにマスターも昨日は「上着どこだ?!」と探していました。

このまま夏らしい事を何もせずに秋になって・・すぐ冬になってしまうのな!?と思っていたら、いつもはのんびりなのに思い立ったら周りがびっくりするほどの行動力を発揮するKさんが
「今日は早く終わったし寒くなる前に夜のピクニックに行こうよ!」
と鼻歌まじりにお弁当を作りはじめ・・・私は慌てて飲み物を準備し即出発、15分後には小樽マリーナでヨットを眺めながらビールを飲んでおりました♪

以前はマリーナが見える職場で働いていたくせに、マリーナには初めて足を踏み入れた私。なんだか新鮮な気持ちで夜のピクニックを楽しめました。
でも海からの風は涼しすぎて30分でピクニックも終了!というか限界(笑)
やっぱり時期が遅かったのかな?きっとイチバン夏っぽい7月の終わりから8月の半ばまでなら夜のピクニック楽しめますよ~
Han

夏の暖炉

2009.08.25

ファイル 394-1.jpgファイル 394-2.jpg

お盆週間を終え、夏もひと区切り

反省会と、スタッフSが夏休みを利用しての一ヶ月の農家滞在への旅立ちを見送る会を兼ねて定例のBBQでした

今回の目玉料理は手作り餃子をバージョンアップした小籠包(ショウロンポウ)ならぬビックリサイズの大籠包!(ダイロンポウ)

途中で思いがけない雨になり急いで室内に逃げ込んだら、雨にあたったせいか急に寒くなったので暖炉を焚いたのですよ

異例の8月の暖炉!!
信じられないでしょうけど、パチパチと音をたてながら燃える薪は秋の感傷的なココロを温めてくれて和ませ、キャンプファイヤーの様でもあり心地良いのです

昼と夜の寒暖の差が激しくなってきて、夜は半そででは肌寒く感じます 
旅には一枚羽織る物をお持ちになってね

K 

石倉と背高泡立ち草

2009.08.24

ファイル 393-1.jpg

振りかえり振りかえりながらの未練などなく、キッパリと夏に別れを告げて潔く訪れた感じの今年の秋

秋風を感じると、どこか寂しい幸福感・・嬉しいのに切ない・・そんな矛盾した気持ちが同居する不思議な気持ちになります
明日から他人になることを決めた恋人との最後のデートみたいかな
胸がキュンなのか、胸が痛いのか自分でもわからなくて。

夏と共に盛んに育っていたセイタカアワダチソウの成長の勢いが止まると景色も急に感傷色に変わってきました

古い建物は、そのものに生命が宿っているかのように季節に呼応します
海猫屋の向かいにある石蔵です
屋号に<越>という文字が刻まれていて三越のようなんですよ

赤レンガ出現

2009.08.18

ファイル 392-1.jpgファイル 392-2.jpg

一昨日も紹介したように、建物の外壁のツタの成長のせいでお化け屋敷みたいになっていた海猫屋でしたが、今日は北電さん、NTTさんのお陰でご覧のように赤レンガ倉庫に復元しました☆

電線も電話線も看板も無事に現れ一安心

2階の店内も光がはいるようになって明るくなりました

海猫屋はこの角度の横顔はフォトジェニックだけど、正面から撮るとね、窓が目で入り口が口で、ドナルドの顔に見えるのは私だけかしら

PC、絶命間近らしく連続してでは3分くらいしかまともに使えなくなってしまったので急いで急いでアップします

秋の空

2009.08.17

はじめまして!いつの間にかにマネージャーに就任!?のJです。

先日から不調を訴えていたオーナーのPCがついに寿命を迎えそうなので、今回は新しくPCを新調したばかりの私がブログを更新することになりました。

東京の生活から一転して8月から久しぶりに海猫屋のスタッフとして加わりましたが、のんびりとした小樽の雰囲気に戸惑ったのも2、3日だけで・・・以前生活していただけあっていつの間にか小樽のゆったりとした暮らしに戻ってしまっている自分にびっくりしています。

今日は、休憩時間に出かけた小樽駅前から見下ろした小樽の海の先に秋の空が広がっていました。

なんだか、夏が終わってしまうのが寂しいような気分ですが・・・個人的には秋風が吹いて切ない感じの小樽もおススメなので、時間がある方は是非お立ち寄りくださいね。

慌ただしいランチタイムの後、のんびりとしたティータイムを海猫屋のテラス味わっていると、東京で働いていてる元同僚に申し訳ない気がしてきます・・・
たまには皆さん息抜きも必要ですよ!!

Han

赤レンガ倉庫・・どこ?

2009.08.16

ファイル 390-1.jpg

海猫屋の赤レンガが見えなくなるほどツタが成長しています

このまま秋が深まると紅葉の時期には綺麗なんだけど・・
でも、お化け屋敷のように覆われているのはどうかな・・

私は少し刈った方がいいと思うのだけど、マスターはこのままで良いと言っていて意見が合いません

この界隈もマンションが建つようになって海猫屋の周辺も変わってきました

子供のころに大好きだったディズニーの絵本に「小さな家」というのがありました

周囲になにもない一軒の小さな家が都市化によって変わっていく街を眺めている話です 主人公の家が擬人化されているのが子供心に印象に残っているのです
100年を越える海猫屋のこの建物は何を見、何を感じているのかな

1976年、海猫屋創業当時の写真が2階のアルバムにあります
今とは全く異なる風情で驚くかもしれません

とまと飴☆

2009.08.15

ファイル 389-1.jpg

トマトのキャラメリゼというとお洒落です
縁日の定番にあるリンゴ飴のトマトバージョン

ツヤツヤでハリのある新鮮なトマトであることが必須条件かな

パリッと割れた飴と甘いトマトは新食感です☆

お好みのスパイスやハーブで風味をつけると前菜になります
白胡麻だと香ばしくていいかな

これならヘルシーなおやつにもなりますよね
作るのもカンタンで楽しそうでしょ

 

フルーツのロデヴ

2009.08.13

ファイル 388-1.jpgファイル 388-2.jpg

ロデヴというのは南仏にある小さな町だそうです

その町の名前が由来となっているこのパンは水分が80%から90%というスープ状の生地で焼かれるんだそうです
そんな生地を焼き上げるには、かなりの技術と経験が求めれるでしょう

これはフルーツのロデヴ
ずっしりと重いです 自家培養のルヴァン種を使って焼かれています
海猫屋ではフォアグラ入りのテリーヌと一緒に添えてお出ししています

フルーツの甘みとパンのほのかな酸味は、チーズ、とりわけブルーチーズには好相性☆
ワインを飲み残した時にはこれ以上の贅沢はないでしょうというデザートになります♪

このパンを焼くのは孤高のパン職人、海を臨む小さな村忍路にアトリエをかまえるエグ・ヴィヴの丹野氏です

へら蟹のスパゲティー HERAGANI spaghetti 

2009.08.12

ヘラ蟹のスパゲティー、関東地区のテレビで紹介していただきました

夏におすすめピンクの泡 

2009.08.11

ファイル 386-1.jpg

飲み物にも旬があるとすれば、夏に是非飲んでほしいのがロゼのスパークリング
ロゼのシャンパーニュとなれば、あまりにも特別な感じがするのでスパークリングでいいよね

今夏のお勧めはスプマンテ「アストリアラウンジ」です
ピンクのキャップシールが可愛くて女性なら絶対うれしくなります♪

ロゼのいいところは何にでも合わせられること

テラスでラタトゥイユとご一緒に!だなんていうと海猫屋にしてはちょっとカッコ良過ぎなイメージの写真になっちゃいました

でもカレーライスにも合うし、マスターお手製のイカの塩辛をホクホクじゃがいもにのせた人気メニュー‘道産子ポテト’と一緒でも大丈夫♪

のこりわずか お急ぎください北海道の夏♪
ロゼの泡、ぜひ旬を逃さずお楽しみくださいませね

秋の魚、夏の野菜 一皿で

2009.08.10

ファイル 385-1.jpg

当て字とはいえ、ホントにその名のとおり
道東沖の秋刀魚が旬を迎えています 
スチロールケースに並ぶ姿はピカピカに磨かれたの刀のようです

お刺身にしても、塩焼きにしてもプリプリッに脂がのっていて美味しい~ 
これぞ旬の味わい♪毎日たべても飽きません

海猫屋では今年もサンマのコンフィです 
ローズマリーとガーリック、鷹の爪で風味付けした低温の油でじっくり煮て旨みを引き出しています
色とりどりの夏野菜の煮込み、ラタトゥイユを添えて

自家製のサワークリームとジャガイモ、エグ・ヴィヴの田舎パンと一緒にどうぞ! 

パンと一緒に食べるサンマ!ワインは赤でも白でも
一足先に秋を味わってくださいネ 

K

残暑

2009.08.09

農作物も被害を受けている冷夏と多雨の今年の北海道ですが、ここになって夏らしい日が続いています

海猫屋は2階にエアコンをつけていますが、構造上、キッチンは40℃のサウナ状態!息苦しいので1階のドアや扉を開け放っています

こうなるとエアコンも効ききらず店内のお席もあまり涼しくならないのです。申し訳ないのですがお許しください

北海道の涼を期待してきて下さったお客様ごめんなさい
でも大阪から来て下さったお客様は『ぜ~んぜん大丈夫ですよ~』と言って下さいました 
連日30度を超える夏なんて私にはもう過ごせない北海道仕様の身体になってきました

K

ページ移動