記事一覧

海猫屋の HITORI - GOTO

2010.06.26

ファイル 456-1.jpg

AM 5:00

ダメだよ!!
あんないいゲームをしたら。デンマークに3-1で勝ってしまった。
日本中が寝不足だってば。

AM 9:30

だから俺もそのまま市場に行っていつもの魚を買うつもりが
ピッカピカのイワシを見てしまった。
そうなると、白ワインとオイルサーディンでしょう。
俺って お客様より自分の食うことを考えているのか?まァいいか。
俺の旨いものがぜったいお客様も美味しいって云うんだよ。

AM 11:30

お店がオープン。ドヤドヤっと元気のイイ男たちが入って来た。

「誠さん、元気!!」
「あッ、誠さん、ひさしぶり」

その誠さんは椎名誠さんでした。
若いころ、俺は椎名さんと旅をしたことがある。(今度、その話は書くけれど)

「いつものカレーライス。海猫屋のカレー、僕、好きなんだよな。」

俺と椎名さんと毎回、そんなあいさつから会話が始まる。

PM 2:00

ランチタイムが終わり、友人のBさんからの電話。
「誠さん、ゴルフ行くよ!」 いいネ、いいネ。昼休み時間にゴルフ行けるなんて。
「行きます。」 でも俺ってゴルフヘタ。

PM 5:30

ディナータイムが始まりです。
今夜は、何組かの予約があって、おすすめはもちろん、朝仕入れた白ワインとオイルサーディン。
「美味しいー!」
だろう?

PM 10:00

閉店時間です。
しずかになった店で、まずはビール。
そのあとに俺の白ワインとイワシが待っています。
今日も一日楽しかった。
明日もガンバリます。 よ・ろ・し・く。

Makoto

常夏 v.s. ココナツ

2010.06.19

ファイル 455-1.jpg

こんにちは、スタッフSKです。

緑したたる‥‥という言葉がぴったりのこの季節。
新緑の頃はどの木も同じ若葉の色でしたが、今ではそれぞれの緑へと深みを増し、山々の景色に奥行きが出てきました。

まだまだ常夏 にはほど遠い北海道ですが、
生まれも育ちも北海道の私には、北海道の夏も十分に暑く感じられます。
でも、何度か体験した本州の真夏を思い出すと……
暑いだなんて言っていられませんね。

今日は目にも涼しいデザートの紹介です!

「ココナツのムース カンパリのゼリー仕立て」

こちらはディナーコースをご予約のお客様にお出ししたデザートです。
ふわりとした舌触りのココナツのムースは、ほどよい甘みのあとに心地よくココナツの風味がのこります。
真っ白なココナツとのコントラストが鮮やか~な赤いカンパリゼリーは、さわやかな苦味が夏にぴったり。
ゼリーの中には、さらに真っ赤でジューシーな苺をしのばせました。力づよく甘酸っぱい苺が、ココナツとカンパリそれぞれの持ち味を引き立てます。

写真にはありませんが、お出しするときには
こちらになめらかなアイスクリームを添え、
夏らしいデザートとなりました。


今度は夏のフルーツを使ったトロピカルなデザートなんて、いいなぁ~!
なんて、これはデザートに目がない私の 個人的なキボウです。

スタッフSK

ヒメマスのグリル ジャーマンポテトを添えて

2010.06.09

ファイル 454-1.jpg

支笏湖(しこつこ)は、北海道は千歳市にあります。
この支笏湖に生息する天然のヒメマス。今年も今月の1日から解禁となり、市場に顔を出しはじめました。

支笏湖は透明度の高い美しい湖。そこで育つこのヒメマスもやはり、銀色がとても美しい魚です。身は淡いピンク色で、きめの細かい舌触りが特長、とっても繊細なお魚です。

ヒメマスのグリル、ジャーマンポテトを添えて。

とろりと甘く煮つめた赤ワインとお醤油のソースに、
香ばしくグリルしたヒメマスが絶妙!
皮はカリッと・身はやわらかく、う~ん美味しい!
ほくほくのジャーマンポテトもソースに絡めて、
じゃがいもの豊かな香りを愉しめます。

道外ではなかなかの高級魚と聞きますが、
こうやって身近でとれた旬のものを新鮮なうちにいただけるのは
とても贅沢なことですね!
ぜひ皆さんに召し上がっていただきたい一品です。

スタッフSK

初鰹のたたき バジルと新生姜のソース

2010.06.07

ファイル 453-1.jpg

まだまだ現役のウグイスにくわえ、晴れの日には蝉の鳴き声が聞こえるようになりました。小樽にも少しずつ夏が近づいています。

初夏を告げる初鰹です。新鮮です。ぷりぷりしています。

このおいしいおいしい鰹…
「女房を質に入れても食べたい初鰹」…なんて 言わせません!

ほどよく脂がのったくせのないやわらかな身をたたきに
バジルと新生姜のソースを効かせて、さっぱりといただけます。
今回は新鮮なアスパラと水菜を添えて。
こちらもシャキシャキと、鰹と好相性。

キーンと冷えた白ワインのお供にいかがでしょうか。

スタッフSK

新生姜と甘エビのフリット

2010.06.03

ファイル 452-1.jpg

旬のものを食べると、身体が喜んでいるような気がします。

酢漬けにしたりご飯に混ぜ込んでも美味しい新生姜、
今回はフリットに変身です。

ぱらりと白胡麻をまとって、素朴な一皿ですがこれが本当~に美味しい!
カリッと揚がった衣に、新生姜のさわやかな香りと甘エビの風味がよく合います。
新生姜はあらかじめオリーブオイルでマリネして、マイルドな辛味。

これはやはりビールでしょうか??アツアツをパクっ とどうぞ!
オススメの一品です。

スタッフSK

お歯黒とうきび!

2010.05.16

ファイル 450-1.jpg

こんなトウモロコシ見たことありますか~
びっくりですよね♪
お店の方はモチキビと言っていました
歯応えはモッチリお味は濃厚
市場でこんなものを見つけるのも楽しいですよ!

山に残雪 丘に桜 海に帆

2010.05.15

ファイル 449-1.jpgファイル 449-2.jpg

桜の木のバックになっているのは対岸の残雪の山です
残雪の山をパックに悠々と風まかせにセーリングするヨットです
冬の名残と旬の春、はしりの夏。

どれも小樽の町中から見える景色です
ゴールデンウィークも終わり、観光シーズンも一休みというこの時期だけど、こんな景色が楽しめるお得な季節です!

夜桜

2010.05.11

ファイル 448-1.jpgファイル 448-2.jpg

海猫屋前の公園の桜が満開になりました。

今年は例年よりも遅めの桜の開花で、
ゴールデンウィークの最後になんとか咲いたのですが・・・

こんな小さな公園の桜でもライトアップされているので
なんだか名所に来た気がして嬉しくなります。

気にしてみていると、通りがかった人達がわざわざ足を止めて
見上げたり、写メを撮ったり・・・
日本人ってやっぱり桜好きなんだと認識した夜でした。

5月11日(火)海猫屋はお休みさせていただきます。

不定休の為、遠方からお越しになるお客様がいたら申し訳ないな~という気持ちがいっぱいなのですが、
マスターもGWでちょっと疲れ気味なので・・・
どうかお許しください!!

Han

桜がやっと咲き始めました

2010.05.06

ファイル 447-1.jpgファイル 447-2.jpg

ニュースで、沖縄や奄美地方は梅雨入りしたと聞いてビックリ!!
小樽では、ようやく桜がちらほらと咲き始めてきました。

満開にはまだ時間がかかりそうですが、
桜が咲くとやっと春になったという気がします♪

GWの混雑もようやく落ち着きましたが、
反対にマスターは落ち着くこともなく、植木や花の手入れを始めました。

「今のうちにプラムの木の剪定をしないと大変なんだ」
とぶつぶつ言いながら料理を作っている時より楽しそうにしているのは気のせいでしょうか!?

Han

5月のお休み

2010.05.01

ファイル 446-1.jpg

小樽の桜の開花はもう少し先になりそうですが、店先のクロッカスが小さなつぼみをつけていました。

周りの木々の彩が寂しいので、キレイな色のつぼみをみるとつい見入ってしまいます。
この連休中には、かわいい花が開きそうで今から楽しみです。

今月は5月11日(火)にお休みさせていただく予定です。
ゴールデンウィーク中の営業時間は通常通りですので、
ご来店お待ちしております。

Han

山菜採り

2010.04.24

ファイル 445-1.jpgファイル 445-2.jpg

街中からは雪は姿を消しましたが、車で15分ほどの山里ではまだ雪がいっぱい!
今日は友人に誘われ朝から山菜採りに出かけました
こうして自分で採ると、野菜とか植物とかではなくてまさに「命をもらっている」と実感します

雪解け水が沢を流れる音を聞き、青空を眺めながら澄んだ空気と共に頂く朝食はエネルギーチャージ!ココロと身体で春を感じます

収穫はアイヌネギ、こごみ、カタクリ、フキノトウ
アイヌネギはペペロンチーノに。こごみはサラダにいれて。カタクリはお浸しにして。
質素だけど、贅沢な食卓になりましたよ

ゴールデンウィークには海猫屋でも何か山菜のお料理をお出しできるといいな~
K 

春のこない冬はない 感謝の季節

2010.04.11

ファイル 442-1.jpg

町の中のあらゆるところで「ふきのとう」を見かけます
可愛いな~♪と思っているのもつかの間、あっという間に成長してしまって雑草に紛れてしまうのです

天ぷらにしていただくにはもっと固く閉じていなくては美味しくないので味噌や味醂で調理してフキ味噌にするのもいいな♪
お酒のあてにも白いご飯にも嬉しい小鉢になります

北海道に住むまでフキノトウを見たことはありませんでした
ただ気づいていなかっただけなのかなぁ・・・
六花亭の包装紙で知ったような記憶です

残雪の中から姿をみつけるとなんとも言えなく嬉しい気持ちになります 
ああ今年も春を迎えることができた~って
人生に例えると大げさに聞こえるかもしれないけど、辛いことを乗り越えたというか、朝の来ない夜はないとか、そんな気持ちかな

厳しい冬もこの喜びがあるからこそ!と心からしみじみと感じる(歳に?)ようになりました 「お陰さま」と、万物に感謝の気持ちです

ページ移動